読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kid I Like.

娘の、娘による、自分のための日記。

辛党から甘党へ。

酒をやめました。

20年近くほぼ毎日続いていた晩酌も、外での飲酒も一切やめました。

といっても、まだ1年足らずの期間なので、断酒中というのが正しいです。

 

特に大きな出来事があったわけではないのですが、

お小遣いを呑んで無くしてしまうよりも、娘のために有意義に使った方が良い。

何となく、お酒を楽しんでいるというよりも、飲まないと終わらない依存みたいだ。

ここらへんがきっかけでした。

 

とはいえ、今までも禁酒には何度も失敗してきていたので、嫁も作業をしながらの「はいはい」としか言いません。

そこで今回は少し考えました。なんでお酒をやめるのが難しいのか。

ざっくり、大きく分けて2つ要因があります。

①とにかくおいしい。酩酊が楽しい。肉体的な歓喜

②残りの人生お酒を我慢するのは無理。精神的な苦痛。

これをクリアできれば何とかなるのではないかと考えました。

 

①のおいしいにはおいしいで対抗することにしました。放っておいても酒をやめると体重が減りますが、思い切って肉体改造を取り入れることにしました。

一回り若い娘の友だちのパパたちに負けないためにも、運動と食事制限を一緒に取り入れて、細マッチョを目指しています。

夜、おなかペコペコでうちに帰ると、お酒というよりもごはんに意識が向きます。

ごはんはおいしい。これで結構いけます。

呑んでその日をリセットだとか、ストレス解消だとか、そんなことは娘と遊んで、身体が引き締まってくると、まさにいいわけだったな、と感じます。

 

②は考え方を変えました。

我慢は絶対に続きません。なので、酒を飲むことのデメリットをこれでもか、と考えました。本当か嘘か別にして、身体に悪いことや、お金がかかること、時間がもったいないなど。そうして、

「お酒を飲まずに済む」

と考えるようにしました。意識してです。無理やりです。

しかし、我慢とは違って、苦痛はなくなりました。

 

これで今のところ特別きつくもなく断酒が続いています。

結構いいことづくめなので、おすすめです。

とにかく時間とお金に余裕がでてきたのはうれしいことです。

娘の力は大きいな。と感じます。

 

もともと酒を飲まない嫁は断酒には協力的です。

そして余った時間とお金にも興味津々です。

何となく我が家のイベントが増えているような気がします。

 

身が軽いかるい。