読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kid I Like.

娘の、娘による、自分のための日記。

乗りもの良い。

娘の試練

自転車を練習しています。

 

娘の誕生日にじいじとばあばから買ってもらった愛車をせっせと連れ出し、

休みの日には背中を押して近所をぐるぐる回っています。

 

最初、補助輪のついた自転車なので、勝手に乗り回してくれるものだと、

勝手に乗り回してしまうのをしっかり見ていないと危ない、くらいに考えていました。

なめすぎです。

 

まず、ペダルをこぐことができない。

三輪車を持っていなかったためか、運動神経が見当たらないためか、せっせと後ろにこぐばかりでいっこうに進まない。

次に、前を向けない。

下ばかりを見てしまい、前方は完全に無視。前に進まない今だけは安全ですが。

そしてまっすぐハンドルを持てない。

単につかまっているだけです。何度足を轢かれたことか。

 

とりあえず、ペダルはのせるだけとして、ハンドルを握って方向を決め、前を向いて進み、車が来たらブレーキで止まる。ここまでをこなせるように練習をしています。

背中を押してあげてゆっくり自転車を走らせます。

最初はよたよたあっちにこっちにでしたが、だんだんまっすぐ走ることができてきました。左側走行や、一時停止など少しずつ教えながら、のんびり散歩もいいものです。

 

ぼちぼちペダルをこぐ練習へとステップアップを考えるのですが、なかなか次へと進めません。そもそも自転車は移動の手段。途中で公園や友だちの家などを見つけるたびに新しい遊びに夢中です。ブランコや砂遊び、今日は花壇の囲みの上を歩いてみせて得意げでした。

まあ、外での遊びが好きなのは良いことだ。とのんびり見ています。

さんざん遊ぶと、もう自転車は飽きてしまい、練習はまた今度。

補助輪なしの自転車は相当先になりそうです。

 

我が家には自転車は娘の一台しかありません。

「買い物とか自転車にしてみたら、いい運動になるよ」と嫁に言ってみると、

「高いからいい」と断られました。

電動アシスト自転車。確かに高い。